Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

Salyu「プラットホーム」

あの頃は 夢の向こうに見えて
音のすきまを流れていく
そっと そっと 追いかける

空の果て 世界の向こう側
そんな場所で 出会えるときが
きっと きっと やってくる

あの時あたしが選んだ道の端は
途切れて 見えなくなってしまっても

あなたを呼ぶそのために
歌い続ければ
隔てられた世界にも

二人のプラットホームは
きっとまた現れる
そこでまた出会ってる

19歳で逝ってしまった同級生の友だちが、
しょっちゅう夢に出てきてくれる。今でも。
大体は私たちは高校の制服姿で、笑っている。
小学1年生で同じクラスになって、
同じ色の制服とランドセルを背負っていて、
ときどきは好きだったりいやだったりしたけれど、
結局好きだった。
19年の人生は19年だからって、短かったわけじゃない。
あと数日でまた彼女が逝ってしまった日と同じ日付が巡ってくる。
ごめんね。ってばかり思っている。
最期のメール、保存とか保護とかしたら良かった。
あのj-phoneの携帯電話自体、何処にあるか今わからなくて、
大事に出来なかったことごめんねって、思ってる。
優しくしてくれてありがとう。
また何処かで逢おうね。

きみのカラヲケの十八番の「天城越え」を、
私が歌うようになっちゃったじゃないか。笑



 泣いて錯乱というほど混乱して、悲しさをいっぱい伝播させてしまった子たちに、
 本当にごめんなさいって思っている。
 みんな生きてる同士なのにこのことを伝えられないなんて、むづかしい。



 web site