Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

「冷静になる呪文」

 理系生物クラスのsという子と当時仲が良くて、高校生になった頃から、大学生活の日々の相談まで、そのあいだ色々と話していた。彼女は生物クラスで私は物理クラス。だが、お互い高校では国公立理系ということで、数学の勉強は共に出来た。私は高校に入ってから保健室に篭り気味で、sは配布される授業についての藁半紙の裏に、手紙やメモを書いて保健室まで渡しにきた。

 或るとき「冷静になる呪文」というメモが渡された。ひんやりしたものを次々に数えるらしい。

アイスクリーム・シャーベット・北極くま・南極ペンギン・冷蔵庫・冷凍庫・かき氷・ささめ雪・雪わたり・ひやそうめん・窓ガラス・ソーダ水・氷水・すり氷・フィンランド・冷蔵庫のなかのきゅうり・屋上の風・透明水彩・金魚鉢・アイスランド・卵の番人

「冷蔵庫のなかのきゅうり」というのは村上春樹の『スプートニクの恋人』のなかで、主人公が喩え話に使う語である。『卵の番人』は、映画。

 最近悩むねん。彼女は云う。悩み深いのよ。苛ついてしまうねん。
 sは塾の授業進行がまるっきり解らないことや、志望校の設定や、高校の授業や試験に悩み、私は出来る範囲で話し合った。私の方が、何かと教える側に回ったことの方が多かった。夏休みに高校が企画しているホームステイに行ったあと、ホストファミリーが送ってくる英語のメールを訳して欲しい、返事を書いたから見て欲しい、とsはよくルーズリーフを持って、私の居る教室を訪れた。夜に家へ、FAXでくることもあった。
 悩み深いねん。そうだねえ。苛々してしまうの。うん、苛々するよね。
「冷静になる呪文」は、自分の苛々する気持ちから逃れる為に書かれていたのだろう。


 それでもsはきちんと、国公立大学農学部に進んだ。
「悩み深いねん」は止まらず、そのわりに年始第一回目に「超絶頑張った」こととして、目玉親父のついたボールペンを先着順に並んで貰ったから見て、と云ったりする。摑みどころの無い子というより、摑みどころの無さが特徴というようで、ふわっと浮かぶ透明な水海月のようで、私は彼女と話すのが好きだった。

 sは就職活動に悩んだ末に、私と連絡を絶ってしまった。私の方が就職活動が上手くいっているとかそういうわけではないので、とっても不合理だと思ったし、寂しかったし、悲しく、不満もあった。常におおきな悩み事の相談相手だった私はいつしか、悩み事をすぐに思い出させる存在としての友人に変わっていたらしい。携帯電話の通話拒否というものに、初めて遭った。胸がさっと冷え、涙は出なかった。それほどまでに病むほど彼女は悩んでいたわけだが、私だってそんな展開を望んだわけではない。携帯電話のメールが届かず、通話が拒絶されたらもう、繋がるすべは無かった。ちょっと嫌になった。そう云えば、私は彼女の「悩み深き」を聴いて相槌を打たねばならない状況が何度も続くと、いつも内心ちょっと嫌になっていたんだと思う。

 元気ですか? 私はあの頃と同じペンネームで生きているよ。何人かの私と連絡を絶った同級生のなかで、私の名前は邪魔な単語なんだろうと思う。それともからきし覚えていない? 検索しても、SNSでもすぐ見つかる。あなたたちは楽しそう。

 私は、女子の友だちがとっても好きで、女子友だちとしての私の存在がすっごく嫌いだ。

 何はともあれ、あなたたちがわらっている瞬間が1秒でも延び、生き延ばされてゆけば良いと思います。


20210616


 f:id:last-kiss:20210616094212p:plain


      

『十五魔女の最後の旅』

 2巻が本日6月15日発売です。

 

 なんだかとっても長い物語だった気がするけれど、2巻目で完結です。たぶん連載時とは違う頁があると思うので楽しみ。


 宵町めめさんの絵が好きです。最初は、めめさんだけの青で水の底の世界を描かれるところが好きだったのですが、泉下のような青以外の色も最近は登場しています。

 

 ずっと活動なさっていて、応援の気持ち。(活動というか、執筆? って、漫画でも云うんですか? 作画? 制作????)

 

     
      
 

Twitter300字ss 「影絵の子」

      
 影絵がすきなの。
 ゆぅちゃんは云う。
 きつね?
 うん、きつねもあるけど。ほかにも出来る。
「私、かに、出来る」
 私たちは暗い部屋に居た。西日が射して、ゆぅちゃんが指を折り曲げて襖にかざした。
「はと」
「ほんとだ」
「白鳥」
「すごいね」
「オオカミ」
「へえ」
「やかん」
「……やかん?」
「やかん。……へん?」
「や、ううん。うん、やかん、ね」

 ゆぅちゃん以外に薬缶の影絵を知っているひとはいなかった。それは確かに薬缶のかたちの黒い影になり、ゆぅちゃんは、
「おおきくなったら、保育園ではたらくの」
 と、下を向いて云った。
「オルガンも、弾けるの」
「うん」
「たぶん」
「……うん」
 夕暮れのあの部屋を、今でも憶えている。


 (twitter300字ssお題「影」300字)

 


 


     

    

6月短歌誌

     
 


『歌壇』の「短歌の中の光と闇」という頁より、「光の短歌」「闇の短歌」として選歌されていた頁をコピーしました。二部コピーして、ひとつは東京に送りました。嬉しい特集だと思いました。


 アマゾネスを月3回ばらばらと出動させることの是非が判らないので、24日くらいになったら『歌壇』『短歌研究』『短歌』が纏めて買えるのですが、しかし24日くらいになると、16日あたりに出た『歌壇』はもう買えなくなっていたりする事態が起こりうるわけですね。
 ……年間購読を申し込もうかな。と悩んでいます。
 あと、現代短歌も買いたいです(これは殆どAmazonには出ないのに良い特集が多いので、どうにかして、どうにかして……)


       

      



        



 web site