Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

ポエサラ広報

 大分で11月3日に催された「ポエトリー・サラダボウル」の記事の画像を、当日オープンマイクで参加していらっしゃった方よりいただきました。にゃんしーさんが掲載されています。パフォーマンスは私とにゃんしーほか合計4人いたので、写していただいてありがとうございます。

 


 オープンマイクは、コメンテータという立ち位置でしたが、MCの一存で誰の感想が云えるか決まってしまうので、素敵だったなと思った朗読者の方には会場で出来るだけ声を掛けて伝えるようにしました、が、すべての方には声は届かなかったと思うので、twitterアカウントを見つけたり、個人通販や文学フリマ参加の情報を知ったりして、後日も楽しみが増えています。


     



    

11月短歌誌

 注文が遅くなりました。11月の短歌誌を注文しました。

 

短歌 2018年11月号

短歌 2018年11月号

短歌研究 2018年 11 月号 [雑誌]

短歌研究 2018年 11 月号 [雑誌]

歌壇 2018年 11 月号 [雑誌]

歌壇 2018年 11 月号 [雑誌]


  ここのところ気持ちがぐらついて、全然短歌を作ったり出来ないので、歯痒いです。
  がんば。

    

『東京死体ランド』

 

東京死体ランド (隙間社電書)

東京死体ランド (隙間社電書)

 なむあひさんは「物語」という単語が好きだな、と思いました。好き、というより信頼しているというか、味方につけているということかも知れません。短篇小説のイメージの「白雪姫前夜」伊藤なむあひですが、また長いものも書いて欲しいです。


    

「不可思議関数」

「不可思議函数


 寝ても覚めてもこの世に躰が在る謎が
 いっとう不可思議一那由他
 消えろ、消えろ、恒河沙きえろ!


 得ても消えてもこの身に欲が在る故に
 一世一代大演技。
 惹かれ、引かれ、満月ひかれ!


 来ても生きてもこの強欲去らぬ苦々しさが
 一途の想いも粉微塵。
 禍福はあざなえる縄の如し。


 



    

 


      

『人間のように泣いたのか?』

 


 新刊。謎の信仰心により、森先生の本は基本的にAppleから買うことにしています。



 web site