Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

「夏休み」

 夏が来なかった。
 夏が来ないまま雨が降り続き秋になるのではないか、ということだった。
 だれもかれもストレスを抱え雨の降り続ける空を、もしくは地面を見た。
 僕は一日中、図書館にいた。毎日、図書館で冷房に当たっていた。
 夏は来なくても、どこもかしこも冷房まみれだった。
 僕の家の近所にある図書館は手動で横に開かなくてはならず、ガラガラと音が鳴った。
 それでも冷房が入っていた。
 夏は来ない。


  うしろ手で閉めるドア ドア開け夏の白い少女の後ろ姿が


 冷房の効いた図書館には、白いボレロを羽織った少女がいる。
 屋内なのに白い帽子を被っていて、俯いているので表情が分からない。
 この冷房、彼女には寒過ぎやしないのだろうか。
 図書館を一度出たが雨晒し、白いワンピースにはあまりに不釣り合いではなかろうか。
 ──そうなのか?
 彼女だけが、彼女の場所だけが、彼女の季節だけが夏を持っていて、
 そして、持ち去っていってしまうのだろう。



(「夏休み」カリフォルニア檸檬×泉由良)





 web site