Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

Kindle(俳句2冊)

haiku book music

 尼崎文学だらけ、ありがとうございました。
 さて置き(<さて置いちゃうんだ!)その前の数日に読んでいた本。
 Kindle書籍で購入して読みました。どちらも書林国栖さんから発行。
 

芝不器男選句集 (雲海選書)

芝不器男選句集 (雲海選書)

 選集ということで、どういう基準で選んだのかなあと思いましたが、全く知ら無い俳人の句でもあり面白かったです。選者が作為的に選んだのだとしたら、そのひとはロマンチストではないか、と思いました。

 椿落ちて色うしなひぬたちどころ
 乞食のめをとあがるや花の山
 落栗やなにかと言へばすぐ谺

  

 もう1冊。
 

彼氏できたと君の対面座位ぬくし

彼氏できたと君の対面座位ぬくし

 こちらは小説から俳句へ方向転換した牟礼鯨(現・むれくぢら)『彼氏できたと君の対面座位ぬくし』
 購入したことをtwitterに投稿したら、私のアカウントで《対面座位》などと表示されているのが何度かRTされて、つらい思いをしました。私わりと奥床しいので。

 椿落つ初めて春を鬻ぐ路地

 兎に角椿は落ちるらしい(芝不器男句集と較べてしまう)椿の落下と、初めて春を鬻ぐ、の呼応。

 穴という穴から春の水あふれ
 夜桜のトレモロかなし尼崎

 穴という穴という表現を何故かえろい、と感じる私の心とは。もう一句はこちらの地元尼崎でしたので引きました。

 凌霄のうぜんの花やホースと津田詩織

 むれくぢら氏と泉由良の共通点は、津田詩織を尊く思っているところ。津田詩織がホースの水を頭から浴びる場面の花は凌霄花ノウゼンカズラ)なのか、と花の名前に詳しいひとが句を作るのだなあと思う次第。私は花は覚えますがその名前はあまり覚えません。

 避妊具は使はぬ魔法ソーダ水
 夏の果てヤクルトレディ膝汚れ
 紗倉まな一人と決めて天高し

 津田詩織(援助交際をさせられているという設定の少女)もそうなのですが、「初めて春を鬻ぐ」「紗倉まな一人と決めて」という辺りに、「春を鬻ぐ」ことへの女性的感覚からの抉られも、春を買う男性的慾も表れていない感覚を持つ点が、好みだなあと思いました。それからポップ。「虚子先生ごめんなさい」というキャッチフレーズが付いていますが、虚子先生のことは知らないので楽しく鑑賞しました。対面座位やら避妊具やら紗倉まなやらという単語を使うと、虚子先生は叱ってくるのでしょうか。三倉茉奈と混同して検索したみたことは秘密。

  

 書林国栖さんからはもう1冊。
 

篠原鳳作選句集 (雲海選書)

篠原鳳作選句集 (雲海選書)

 こちらは未読です。今までの2冊より量が多いみたいです。

  

 元々句集や歌集を読むのが苦手で、それはどれくらいひとつの句(短歌)を味わっていれば良いのか果てしなく、頁を捲るタイミングが判らなくなってしまう、挙句全部手帖に書き出してみたりするのですが、それはなかなかの労力なのです。この点、電子書籍で読むと、気になったらすぐにハイライトしてさくさくと頁をタップ、のちほど読み返す(そしてこのblogのように引用する)という行為で読書が出来て、句集・歌集の電子書籍ってなかなか、私には向いていると思います。もっと発行されたら良いな。特に、現代の新鋭歌人の歌集など読みたいです。

  

「夏の果てという単語は大森靖子から引用したんですか?」
 と、以前俳人に尋ねたら、「大森靖子が引用したんだよ」とのこと。たぶん嘘でしょう。大森靖子がむれくぢらから引用したというのは嘘でしょうが、果てというものはいつ聞いても切実に詩的な想起をさせます。ましてそれが夏の果てなら。

 私は老婆でおっさんは子供そうだったのかもしれないね
 私は何も思い出さずに目の前の恋をする

 一年振りの夏なのに君の裸を眺める夢をみて
 冷凍庫に転がる頭にKissして涼しい昼下がり

魔法が使えないなら死にたい

魔法が使えないなら死にたい

 大森靖子も、犯される少女でありながら犯すしかない性である《おっさん》を何処かで「子供」だと(それは慈しみ?)いう視線はいつも一貫しているようで、そして私も夏の果てまでいきたいです。



 web site