Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

Friday, March 23, 2012



▲ 隣の隣の酒屋さん

 酒屋さんに入ったら「あっギルビーズのウォッカ!」と奥さんが云ってすぐに勘定の台の上にウォッカの壜が登場しました。いや……そうじゃなくて。「あ、あの、今週は帰省してたりしてまだウォッカは残っているんです……」とやんわりと制すと、「あっそうなの。梅酒なのね梅酒ね」と段ボール箱を開けて新しい梅酒の壜を取り出す奥さん。いやそうなんですけど……確かに梅酒を買いにきたわけなのですけれど……困惑。お店のひとに自分が読まれていることに対する困惑。親切とか親近感は良いのだけれど、摑まれていると思うと複雑である。そして梅酒を購入した私に奥さんは笑顔で「このウォッカはお取り置きにしておきますね(にこにこにこ)」たぶんこの酒屋さんでウォッカを購入するのは私しかいなくて、私のためだけに入荷しているのだろう。しかし何となく困る。有り難くも困る。ありがた迷惑という言葉があるが、ありがた困惑という現象もあるなあ、と思った。それから、幼い頃「さかやさん」は「さかなやさん」と少し似ていてなんとなく胸のなかにもやもやするものがあったことを思い出した。


● カレー・海老フライ・塩素

 家人Cさんは週末は帰宅時間が遅い。というか最近は帰宅時間、遅い。まるで会社員みたい(いや、れっきとした会社員ですけれど)。Cさんはカレーライスが食べたいそうなので、私はカレーとその上にのっける海老フライを温める頃合いが分からんにゃんと思いつつこのブログを書いている。海老フライは、実家の母が衣まで付けてクール宅急便で送ってきてくれたものなので(ありがたや・ありがたや・ありがたや)カレーに海老フライを付けたとしても私の手柄ではひとつもない。私は珈琲をのんだら塩素臭い気がして、でもたぶんそれは錯覚。確かに漂白殺菌に塩素を使ったけれどそのあとよく濯いで、そして時間も経っているのだからそんな気分は錯覚。


■ 切手の位置に注意しながら背筋の運動

 今日は郵便局で6件発送した。局員さんが無言の目で「あなたの封の仕方はちょっとファンキーじゃありませんこと?」と責めているような気がした。兎も角これからは縦長のときは左上、横長封筒は右上だけスペースを付けておこうと思った。それでよござんしょ?


 雨がざんざか降って傘の骨が折れたが、自力で直せたので心は折れなかった。私の傘はねー、赤いギンガムチェックのとっても可愛い傘なのよー。shop99で104円で買った、赤いギンガムチェックの可愛い可愛い傘なのよー。安価なので、これを紛失するともう見つからないんじゃないかと思います。恐怖です。失くさないよう心がけよう。
 この雨がやんだら、春なのかしら。



 web site