Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

Wednesday 1 February, 2012

2月1日水曜日


 梅田で健太郎くんとお酒をのみました。健太郎くんはBAR超能力というバーで知り合った男の子です。男の子と云っても年上のひとですが、ちょっとだけ長い髪が似合っています。元VIVARTAのベーシストであり、また私はこのひとの撮る写真がとても好きです。今日は花柄の紙袋(紙袋で合っているかな……)を持っていてそれが可愛いと思いました。
 本当はあまりお話したことは無くてBAR超能力も閉店してしまったし、接点が無くなりそうな関係なのですが、VIVARTAのCDアルバムの通販を彼を通してお願いしたりライヴ告知を頂いたりしています。ライヴに伺ったことはないのですが、好きです。ジャケット写真やメンバの写真も彼が撮ったものだそうです。

  &

 ところで君は阪急32番街をご存知だろうか? 阪急32番街の30階でお茶を出来るなんて知りませんでしたことよ私。窓の外は夜景ですわよ。ぜっけーかなぜっけーかなですよ。HEPファイブの赤い観覧車も見下ろしてしまうわよ。普通そんなところに来たら1杯だけカクテルをのんでもなかなかな値段のするホテルのカクテルバーのような場所でしょうが、そこにあるのは英國屋……他、そんなにハードルの高いお店ではないのでした。ゼッケー且つフトッパラーです。

 というわけでそこそこお手頃な値段のお店で、健太郎くんは生ビールを2杯、私はスクリュードライバとウォッカロックをのみました。ウォッカロックはメニューに載っていませんでしたが、「たぶん作ってくれる筈」と思って店員さんにお願いしたら出して下さいました。健太郎くんにウォッカをひとくちあげると「焼酎に似ているね」と云われました。そういう意見は初めて耳にしたので新鮮でした。つまりはアルコールのあじなのか。焼酎の方が、もわっと、もあもあっと、飲酒済み証拠的なにおいがすると思うのですが。芋焼酎とかね、もあもあしている。

 お店の名前を覚えずに出てきてしまいましたが、ロックを頼んだらグラスにいっぱい入れてくれるしグラスに入ったマドラーはとっても端正な形をしていて素敵なところでした。全く単純な金属の細長いスプンなのですが、カーヴがとても優美なマドラーでした。こんなにマドラーに注目して惚れるなんて初めてだろう。
 コースタも品があって可愛くて、欲しいな、と思ったら1杯めのグラスを下げられるときに一緒に持っていかれてしまいました。2杯目を貰ったときにすかさずコースタを自分のファイルに仕舞ったわたくし……。健太郎くんの分のコースタも貰ったので、2枚入手。ありがとうございます……。

  &


f:id:last-kiss:20120204000410j:plain


 健太郎くんはとても私が好きな写真を撮るひとなのですが、私の結婚指輪の話をしていたら、指を撮影してくれました。もっとネイルの綺麗な女の子だったら良かったなあとか綺麗な指のひとだったら良かったなあとか邪念は色々沸き上がりましたが、健太郎くんが撮る写真だから良いことでしょう。
 表情も2枚撮ってくれました。その後スマフォの写真アプリで1枚撮って送ってくれました。今日の日記の画像はそれです。私も拙いながらに所有しているデヂカメさんを出していたら、こういう風に操作して撮るといいよと教えてくれました。モノクロで撮る方法や、ISOの設定とか、知らなかったことを。今まではISO14000しか知らなかったよ。それは写真とは関係の無い単語です(たぶんおそらく)。
 色々なことを尋ねて意見を聴かせて貰って、楽しい夜でした。私は何故かこのひとは正しく深く幅広く物事を知っているひとだと思っているふしがあります。アジア旅行をしてきたりルームシェアをしていたりそのシェアの相手もインタナショナルだったり、そういう事柄がそう思わせるのでしょうか。それとも口数が少なめだからでしょうか。少ない言葉で的を射ることは、恰好良いです。

  &

 映画の話をしました。
 私は最近Youtubeの、たった1分30秒の予告映像でだだ泣きしたり過呼吸を起こしたり、映画を1本観ようものならぼうーっとして、現実世界の認識がぼやけたりするので、そんな体たらくでは映画館に行くのを躊躇しています。DVDも観ようという気になかなかなれません。でもだからと云って作品を何も鑑賞せず目を背けて生きていくのは絶対に厭だと思います。一体一体、これはどうすればいいのかな、ということを話しました。
 「感受性が豊かで鋭いということは良い」と彼は云いましたが、私としては私の持ち合わせている感受性めいたものはタガが外れて底が抜けているような要するに感受性らしき感受性という程のものではない、ただのダダ漏れの穴が空いたぽんこつものではないかと思っています。
 けれど話を聴いて貰って、明確なはっきりパッキリした答えを教えて貰ったわけではないけれど、少し楽になりました。

  &

 23時閉店のあと、大阪梅田の阪神電車のところを通るとスピッツを弾き語りしている二人組がいました。前にも見掛けたことがあります。同じような時間帯で、同じ場所でそのときもスピッツでした。多くの人が観ていて、歌が終わる度に拍手が起きました。でもスピッツの歌だもん。良い演奏だと思うけれどでもスピッツだもん。そりゃあ良い歌に決まっているし素敵に聞こえるに決まっているよ、ちょっとずるくない? と思っています。オリジナル曲をやらなければミュージシャンでないと云いたいわけではないのですけれど、あんな風に良い歌を披露してあんなに拍手を貰うなんて、なんか、ずるいと思う。
 しかし私は影響を受けてしまって帰り道の阪急電車iPodからスピッツを選んで聴きながら帰ったのでした。“楓”のイントロのメロディは泣けます。ロビンソン、スカーレット、青い車、空も飛べるはずは勿論外せないし、そして夢追い虫。冷たい頬、夏の魔物、スピカ。チェリーもやっぱり外せないし。
 小学生のとき転校していく子を送るときに講堂でクラスのみんなでチェリーを歌いました。高校の卒業式では空も飛べるはずを歌いました。もう、泣けないわけ、ないぢゃないの!

  &

 VIVARTAも、ライヴに行った事は無いのですが(大体にしてライヴやイヴェントに対して出不精なのです)とても好きです。英語の歌詞が多くて、外国の色々なバンドのコンピレーションアルバムに参加していたりします。
 ヴォーカルの方(面識は無いのですが)の声が素敵。音が深くて素敵。こういう云い方をすると本人の方はどう思われるか分からないし、もし失礼にあたったら申し訳ないのですが、iPodをシャッフルにしていたとき、一瞬(あ、BEATLESかな)と思ったらVIVARTAだったことがありました。こんな風に云っても良いのかわからないけれど。

 音楽と、写真と、お酒と、人と(あとスピッツと)逢った、良い日でした。
 感謝です。ちゃんゆららーん。


  ☆

 → 藤崎健太郎くんのblogflickr

 → VIVARTA webサイトfacebookペーヂ



f:id:last-kiss:20120201225553j:plain



〜/*/ #diary / #music / #photo / #yuraly //



 web site