Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

Thursday 27 January, 2012

 きちんと眠れた日は、意識せずとも思考がクリア。図書館に行こうと思いました。
 最近家人Cさんが自転車を取り替えっこしてくれたので、自転車がぴかぴかのぴんく色です。嬉しいな嬉しいな。鍵の掛け方がちょっと難しいけれど許す!
 夜遅めになったのでカマタ商店へ。ウォッカをのみながらCさんを待ちました。Cさんの職場は近いのです。檸檬の切ったものを入れて貰ったウォッカは美味しかったです。アブソリュートウォッカでなくてギルビーズでもない美味しい……と思い、何処の物か今度尋ねてみようかと思います。でも家でひとりでのむよりもそういうところで愉しい気分でのむ方が味はまったく美味しくなるものであることも往々にしてあるので、何処のウォッカか尋ねるのは見当違いかも知れません。
 Cさんが登場。「おかえり」カマタ商店でお帰りを述べる私。「ただいま」カマタ商店でただいまを云う家人。店長さんごめんなさい。Cさんは美味しそうなハヤシライスを召し上がりました。具のなかのミートボールをひとつ貰いました。美味しかったです。21時過ぎにお店を出て、ふたりしてチャリチャリ漕ぎながら帰宅しました。

  &

 で、ね。寒いよ! すげ、寒いよ! 指がぽろぽろ取れそう。暖房なるものはつけていません。なんだかつけない習慣なのですね。ストーヴの前に座って読書をして夜を過ごしたのですが、ストーヴの熱のある空気が眼に沁みて痛いので、スイッチを切ったり、また入れたりしました。ドライアイの症状と云うのかしら。
 たぶん私は、気温に対してちょっとマゾヒスティックな気があるので、さむいさむいと云って震えていたり、あっぢーーーと云いながら煮えていたりして耐えているのがちょっと好きです。寒さや暑さで死なない環境にいることには感謝すべきですね。うん。

  &

 大学に居たときに知り合った可愛い友人から贈り物が届きました。お誕生日プレゼントを早めに、と。そのお手紙の文章がまた愛おしかったです。嬉しい。幸せです。彼女が接してくれる都度私はとっても嬉しくなる。手紙に女の子と猫のかおが描いてありました。私のかおかしら、とちょっと自惚れかも知れないけれど思ってぽかぽかに嬉しくなりました。るんたるん。ちゃんゆららん。

  ☆

カマタ商店 webサイト

〜/*/ #diary / #yuraly //



 web site