Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

2*2*503

 元旦。壬辰。みずのえたつorじんしん。あ、もしかして壬申の乱ってもしかして……(略)。
 おせち料理もお雑煮も作らず、普段通りか又は普段以上に精を出して作業。特に家人Cさんは普段はIT戦士会社員であるため、休日こそが創作的な時間なのである。創作的なふたりなのである。彼はHPをあっという間に構成し直していて驚いた。はえーよ。しかもその前に勉強もしていた。18時まで勉強をする、と宣言したのでその心積もりで私も眼鏡を掛けていたら、17時過ぎに「出来た、終わった、頑張ったー」などと云われた。約束が違うぞ。

 にゃんしーという名前の(だからCさんと表記している。catと、にゃん「しー」のダブルミーニングだ。しかしどうでも良い情報だ)ひとのサイトが色々変わったので、リンクを貼ってあげましょう。妻は優しいのである。

→  『年中正月気分』
  http://www.necotoco.com/nyanc/

 籍を入れて2年か3年も経つと「妻」とか云えちゃうのである。当初は云えなかったのである。恥ずかしいからね。
 昨夜、「明けましておめでたいねー」などと云いながら家のなかの可愛いモノドモを集合させて並べて写真を撮っていたら、あまりにも熱中している私の姿にCさんは「我が妻よ……」と呆れて、呟いていた。我が妻などという言葉を発されるのも初めてである。籍を入れて2年か3年も経つとそんなことも出来ちゃうのである。恥ずかしいですよね。その後、「そこそこの恥じらいと多くの恥」というフレーズを思いつき、なんとも情けない感じがするのであまり公表しないでおこうと思ったけれどここに著す。「そこそこの恥と多くの恥じらい」の方がましなのだろうか、と考えてそもそも「恥じらい」の正しい意味は、と辞書を捲る。辞書に関してはマメなのである。

   &

  《初詣》

 数年前、「初詣に行こうよ」と云われて「えー去年行ったからもういいぢゃん」と返事をしたときはワンダフルどん引きされた。だって出不精だし神社への信仰心はないし去年行ったから神社の光景ももう分かったから……。
 去年は自宅から少し歩いたところのとっても小さなお社に行った。とっても小さくて寂れた場所にあったのに、蜜柑と日本酒がお供えしてあって水も入れ替えてあったので、ちゃんと誰か信心深い方が早くに来てそういう作業をなさるのだなあ、と思うとちょっと感じ入った。まあ、それも去年行ったので、今年は初詣には行かなかった。まあ私は切支丹だし。
 そうは謂えどもおせち料理を作らなかったのは去年作ったからではなくて今年はふたりともなんだか多忙だからなのである。私は本当のところを云えば昨夜眠剤を飲み過ぎて、昼間に食事をしながら眠り出して、そのまま眠っていた。寝正月とはこういう感じだろうか。けれど今から頑張るんだからねっ。私のwebサイトもちゃんと、します。よろしくお願いします。今はまだちゃんとしていないので、リンクは貼りません。えへ。
 10月の結婚記念日に両親から貰った紅白のワインの赤い方が空いてしまった。Cさんは眠るそうなのですが、ひとりで白ワインの方もコルクを抜いてはいけないよね。それはそうだよね。そうだよ、その通り! そのとーし!
 ちゃんゆらら。



 web site