Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

「白いゆめ」

poetry text

白いゆめ




そろそろ帰らなくちゃと思いながら
ふうちゃんとなっちゃん
路をあるいている
公園があって
冬だから寒い
裸木がほそくてんてんと立っている
しばらくすると
淡いピンクの
あの儚い薄い花びらが見えて

さくら
私たち三人はびっくりする
そうだ
公園は何処までも続き
見たことのないようなおおきな花を咲かせた背の低い木が
でもさくらだ
さくらだね

私たちは云い合う


そろそろ帰らなくちゃと思いながら
でもいつまでも夕暮れより一時間まえのこの時間が
続いているのだった
だから私たちは歩き続ける
私はうれしい
公園のふしぎな柵によじ登ったりなんかしてみせて
ふたりにわらわれることもうれしい
さくらがうれしい
寒いけれどうれしい


いつまでも夕暮れより一時間まえ
白い空に咲く冬のさくら
白いゆめ
私はうれしい
寒いけれどうれしい




(2008.03 / 再掲 / なっちゃんのお誕生日記念掲載)



 web site