Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

text

肯定

詩と小説と絵と歌のことを考えて過ごす、過ごしている それらは組み合わさっている、また、歌の詞は詩に単語が似ているので 詩のことを考えている、と云うと大体が纏まる 常に考えている それは私が公共の職に就いていないからなのかというと 職業人である私…

if もしも

福島と福岡を間違える友が高校時代には二人いた (馬場めぐみ「if」より(短歌研究2017年3月号) if ......だったら、「福島と福岡を間違える」友人が今も二人もいたんだろう、という、 短歌研究 2017年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 短歌研究社発売日: 2…

エッセー・うっすら光る遠い途

うっすら光る遠い途 -Mathmatic Mathmagic- 努力をしない生徒だった。この出だしを書いてから暫し努力という言葉が何を意味するのかも判らず、ゲシュタルト崩壊するしか無いほどに努力をしない生徒だった。私にとっての努力とは往々にして暗記だ。自然に記憶…

【第119回フリーワンライ】『夢のなかの庭』

『夢のなかの庭』 うっすらと、うっすらと、目を細めて心で見たら君の背中の向こうに見える、黒い翼の欲望と、白い輝きの神様。 あのこに近づかないで。 僕は声を上げようとして、それなのに金縛りの躯、ゼリィになった空気が連綿と続く。苦しい、苦しいんだ…

『壊れた玩具』

壊れた玩具を手にしてあの子が泣いている。あの子たちが泣いている。頬に一粒の水。今日は土砂降り。嘘つきの空。泣いてなんかいない。嘘つきの私たち。嘘つきの僕たち。そして僕たちの壊れた玩具。 おとなのような大きさのものが近づいてくるので金切り声を…

【第101回フリーワンライ】本日のお題

【第101回フリーワンライ】本日のお題冷たい方程式サヨナラと手作りご飯は残さず食べなさい 冷めた茶のように割れたガラスの上この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画@次回7/9…

「夏至の姉妹」

どうして、こんなにすぐに夏は過ぎるの。 妹が隣で呟く。妹が夏を愛しているのは、夏休みがある、というような理由ではない。私たちはれっきとしたおとなで、その証拠にふたりで階段の隅っこで、ハイボールをのんでいる。階段は板張りで、ここが蒸す季節は、…

「夏休み」

夏が来なかった。 夏が来ないまま雨が降り続き秋になるのではないか、ということだった。 だれもかれもストレスを抱え雨の降り続ける空を、もしくは地面を見た。 僕は一日中、図書館にいた。毎日、図書館で冷房に当たっていた。 夏は来なくても、どこもかし…

「爪を噛む」

爪を磨く。鑢で形を整え、色を塗りフレンチネイルにトップコートを重ね、私の爪は歪んだ宝石になる。 爪が嫌いだ。薄く入り込む汚れ。男を抱くとき何処かで私の爪が男の肌を傷めないか気に掛けねばならないその邪魔臭さ。すべては爪の所為だ。 男の恋人は綺…

「雨期の晴れ間」

一週間くらい雨の日が続いた、ような気がする。雨が降ると、どうしてか人と会う機会が減る。減るというか、ほとんど人と会わなくなる。それは僕のせいではないし、別に誰のせいでもなくて多分。多分、カラクリ。そんなカラクリの中で生きている、ちっぽけだ…

『ルリ色のルリ』

『ルリ色のルリ』 「意外だね」で文章を始める。 と、僕が書き始めたらオルゴールのルリは可笑しそうに体を揺らした。 「そうじゃないでしょう?」 「え、違う?」【「意外だね」彼は云った。】「こういう風に始めなさいっていう意図の課題じゃない?」 「そ…

【第100回フリーワンライ】本日のお題

【第100回フリーワンライ】本日のお題1氷雨やがて死にゆく星は掴まれた心は浮遊する川は海へと繋がる「意外だね」で文章を始める今回は記念回ですので、次のツイートでもお題を流させていただきます! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画…

狐伏澤つたゐ『Last odyssey』

少年たちのなかには、世界が内包されている。 ──僕たちは(この書評については、私の一人称は「僕」になるのだ)この書籍を一読では理解出来ないだろう。理解、ではない。恐らくそれは「解析」だ。海は理解するものではない。解析するものだろうから。 僕は…

【第99回フリーワンライ】

【第99回フリーワンライ】本日のお題二人だけの竜宮城ドッペルゲンガー運命紅い空好きと嫌いは表裏一体この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画@次回6/12 (@freedom_1write) Ju…

【第98回フリーワンライ】

【第98回フリーワンライ】本日のお題恋しい背中言の葉を散らすクローン太陽はどこから昇る季節外れの蛍この中から一つ以上選んで執筆してください。本日は23時より開始いたします #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画@次回6/3 (@freedom_1w…

『オルゴールのルリ』

「オルゴールのルリ」 砂が動くことの無い星で、足元に何かが引っ掛かって屈み込むと、古い書物が落ちていた。 砂を払って目を凝らすと、 『月が綺麗ですね』 風化したパルプ紙にその一文が浮かんでいた。……月が、綺麗か。そうだね、月は綺麗だ。ここが月だ…

【第96回フリーワンライ】

【第96回フリーワンライ】本日のお題こんな日にはオルゴールを冷たい雨と相合傘『月が綺麗ですね』 恋の足音 最後の人類この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画@次回5/14 (@fr…

5月4日

寺山修司の命日。アリスの誕生日。大型連休の祝日。 アリスの誕生日と話題にするのは無粋でしょう。不思議の国のアリスは、なんでもない日のお茶会の世界なので、その話は要らないと決める。 寺山修司。 寺山修司という人となりが、人々が連休でうららかに晴…

【第94回フリーワンライ】

#あとで書く (あとで書くが溜まっていますね……!)【第94回フリーワンライ】本日のお題三分、待てどこの夜(よ)は私のためにあるニセモノヒロインウソツキヒーロー絶望この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60…

「桃の夢」にゃんしー

「桃の夢」にゃんしー ワー 川から桃が流れてきた! と思ったら夢だった……しかしそこは二度寝である なんとしても夢の中で桃太郎を捕まえ 当社の契約社員として働かせるのだ!で、寝たら今度はお尻が流れてきた(´・ω・`)桃とお尻は似ているようで 結構違う【…

「火は綺麗」にゃんしー

「火は綺麗」にゃんしー 人は死ぬことを恐れ そして死を祭ることを始めたその道具として火が選ばれたのは 火が死と強く結びつく存在であるからだろう火が綺麗だと思うことは 死が綺麗だと思うことに似ている どちらも本能的な恐怖からの 逃避、というより 「…

「火は綺麗」こみちみつこ

「火は綺麗」こみちみつこ 夏の夜に湧いてでた虫を わたしは殺そうとしました振りかざした手を打ち下ろすことがどうしてもできず あなたの手に任せました 虫を叩き潰すこともできない 臆病で非力なわたしの手 わたしは隠れて泣きましたわたしの手が直接に そ…

「火は綺麗」小倉拓也

「火は綺麗」小倉拓也 生きることは加速すること 沢山の時間が私たちの背後に幽霊となり 地べたを這う背を脚を後押しをする その摩擦に焼かれて 私たちは火炎を上げながら 消し炭になる∗「そんなふうに生きなさい」と先生は言った その教訓さえ生まれた時か…

「火は綺麗」泉由良

「火は綺麗」泉由良 私は躰が昂ぶってゆくとき 透明になるような感じをおぼえます 躰の隅々まで興奮の潮が満ちるときに 自分の指先や蹠の皮が 無くなってゆくような心地がします 震える声音からも急速に色のうねりが引いてゆき 冷めない両手両足、腰、心肺、…

にゃんしーさんと#写文

#あとで書く。 #写文 pic.twitter.com/mhLWyDrBKO— にゃんしー5/1文フリ東京@ア-29 (@slymelogue) March 11, 2016 #写文 pic.twitter.com/2LKBodqPcC— にゃんしー5/1文フリ東京@ア-29 (@slymelogue) March 11, 2016 #写文 pic.twitter.com/y0szAd7x3t— に…

きりさんと#写文(5)

#あとで書く #写文2012. Wien /mumok pic.twitter.com/HAY6sLDY3X— きり chihiro kiri (@mist_chr) March 11, 2016

【第88回フリーワンライ】本日のお題

#あとで書く 【第88回フリーワンライ】本日のお題溶けてしまったものなくしたとき(なくした、は変換自由)孤独恐怖症会えたパステルカラーの涙この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワン…

きりさんと#写文(4)

#写文In Deutschland Dachau KZ pic.twitter.com/wvvfFO9sNw— きり chihiro kiri (@mist_chr) February 23, 2016 #写文 In Kobe pic.twitter.com/TvIK5kUXj9— きり chihiro kiri (@mist_chr) February 23, 2016

「檻と湾曲」

おねえちゃんは、まあるい檻のなかに居るのよ。 あおとぴんくとみどりいろをした、とっても可愛いペンキが塗られた まるい檻のなかから外を見ているの。 きみの心がぐるぐる回るのは、おねえちゃんが檻をゆさゆさと揺するからなのよ。 でも大丈夫、きみは安…

冬の舞台

迷彩色冬の舞台はオルゴオル 泉

みなもとはなえさんと#写文

#写文 pic.twitter.com/BrDTYfI86l— みなもとはなえ (@losmrn) January 25, 2016おばあちゃん、ごめんね。葉書には毎日そう書いた。必ず投函しに行ったあの郵便受けに溜まってゆく、もう帰れないよ。#写文 https://t.co/pJA64qRo4v— ゆら (@yuraco) February…

きりさんと#写文(3)

#写文 pic.twitter.com/ucpxQKc6qW— きり chihiro kiri (@mist_chr) January 27, 2016唇は塩っぱかった。潮騒というより曹達水だったあの夏の波飛沫。くちづけのあじを……、果たせなかった。私は独り唇を舌で撫ぜただけだった。曹達水。 きみの唇も、塩っぱか…

きりさんと#写文(2)

twitterのハッシュタグ、#写文の続きです。 キリチヒロさんの写真にキャプションを付けさせて貰ったシリーズ2回目。 #写文 pic.twitter.com/6JdK5myXJy— きり chihiro kiri (@mist_chr) January 24, 2016 貴方に貰ったアメジストには、光を見られなかった人…

きりさんと#写文(1)

twitterでキリチヒロさんが#写文というハッシュタグで、アップされた写真にキャプションを付けても良いという形で投稿なさっていらっしゃいました。#絵文とか、流行みたいですね。あまり便乗しないだろうなあと思っていたのですが、きりさんの写真が素敵だっ…

h-izumi

「私、イビツなの、好きです。好きだと思います」 「だからきみの小説にはクロチネさんしかいないんでしょう」 「そうかも知れません。でもそれが何か欠陥であるか、私は解らないんです」 「歪ひずんでいて?」 「歪ゆがんでいて」 「好き?」 「どうして壊…

ポカリスエット

二十九の日曜の朝 運動会みたいに薄いポカリスエット

それがエンデだ。

何もなにも何もなにも何もなにも無い世界。 世界という像も無いんだ、分かるかい? それが、エンデだ。 そしてミヒャエル。 私は理解しなければならない。

プネウマティカ

「プネウマティカ」 ──Pneumatica 幾度火を浴びてもわたしは燃えない。 どんな劫火であろうとわたしは燃えない。 大気中の酸素と結合に次ぐ結合を繰り返し、 わたしはいつまでもここにいる。 大気のなかに灰が舞い上がり羽撃いてやがては墜ちる。 わたしはい…

檸檬

レモンの丘を駆け下りて 湖へいったんだ 手を伸ばした窓辺の その先にレモン 齧って 夕暮れ

半神

あなたに音を作ってあげよう。

「白いゆめ」

白いゆめ そろそろ帰らなくちゃと思いながら ふうちゃんとなっちゃんと 路をあるいている 公園があって 冬だから寒い 裸木がほそくてんてんと立っている しばらくすると 淡いピンクの あの儚い薄い花びらが見えて あ さくら 私たち三人はびっくりする そうだ…

私の分の魚まで食べていた 247 - ヴォトカ流れる河のほとりで この短いフレーズに、どうしてこんなに美しく感じるんだろう。 言葉の向こうに彼女が居るから? ではなく、フレーズだけで完璧だと思えるから……?

手紙

思い出すと哀しくなる友だちはいるけれど、 やっぱり嫌いになったとか、本当は嫌いだったとか、 そういうことになったことは今まで一度も無いと思う。 女子校だったから、特に女の子の友人。 この写真撮ってくれたきみにはこの世ではもう逢えないけど、 よく…

正しい人へ

正しく生きることを正義とするひとに、正しい生き方をすることは正しいことではないと訴えたくて、けれど云えない。

それは誰の話なの

侘びしさの淡くうすい青の波が瞼の裏で寄せているので 私は懐かしくてそこへ戻りたくて それは記憶には無いのにかなしいほどに 懐かしくてまた泣いてしまう 君の日々は誰の話なの あなたは誰の話なの それは誰の話なの 私は誰の話なの

「肌色」

タータンチェックが重なり合った スカートを穿いて 隠しているの 赤いギンガムのシャツは アイビーギャルの名残り 柄on柄で歩く下りひとり 肌色を嫌悪している 人間なのに タータンチェックの滲み合ったスカートを穿いて 隠しているの 滲み混ざる心

8月9日のフリーワンライ

【第58回フリーワンライ】本日のお題 耳を塞ぐ 合わせ鏡の背中合わせ いつまでも、 これは恋じゃない錯覚だ 切実 この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画@次回9/13 (@freedom_…

「夜明け」

twitterの、第46回フリーワンライに参加しました。 お題は、 「夜明け」「あふれてこぼれた」「女郎花」「東雲色の空」「浮いている」 でした。取り敢えずtweetとスクリーンショット。 テキストはあとで貼るかもです。使ったお題:夜明け あふれてこぼれた …

あの子が笑うと、

あの子が笑うと、くにゃっという音がするような気がした。 実際には聞こえなくても。 笑顔がくにゃっとしていた。 それはあの子がちょっとよわいことを、示していた。 でも嫌いじゃなかった。 大事にしたかった、そう思っていた。 過去のことは過去に云わな…

〔ちるちるみちる〕

中央路線は感情露線 shi ha tsu 溶け方を忘れた雪たち shi wa su やがて春も散るだろう shi ru chi ru散るものあふれこぼれるもの集めて歩く a ru ku 何もかもを拾い集めるように歩く a tsu me ru 裸一貫から叩き上げる a ge ru 死ぬまでずっと a ra yu ru …



 web site