Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

memo

購入した(する)本

池田浩士先生の著作が、今回は購入し易い場所から発行するように執筆なさったとのこと。 大切に読む。 下記、読み終えたら次に買う。 歴史のなかの文学・芸術―参加の文化としてのファシズムを考える (河合ブックレット) 右翼も左翼も嫌いだし、飢え渇き以上…

手紙

思い出すと哀しくなる友だちはいるけれど、 やっぱり嫌いになったとか、本当は嫌いだったとか、 そういうことになったことは今まで一度も無いと思う。 女子校だったから、特に女の子の友人。 この写真撮ってくれたきみにはこの世ではもう逢えないけど、 よく…

それは誰の話なの

侘びしさの淡くうすい青の波が瞼の裏で寄せているので 私は懐かしくてそこへ戻りたくて それは記憶には無いのにかなしいほどに 懐かしくてまた泣いてしまう 君の日々は誰の話なの あなたは誰の話なの それは誰の話なの 私は誰の話なの

特殊切手「星の物語シリーズ 第2集」

www.post.japanpost.jp 星の物語シリーズ 第2集 2015(平成27)年9月25日(金) 82円郵便切手(シール式・10枚1シートのシート販売)

8月9日のフリーワンライ

【第58回フリーワンライ】本日のお題 耳を塞ぐ 合わせ鏡の背中合わせ いつまでも、 これは恋じゃない錯覚だ 切実 この中から一つ以上選んで執筆してください!22:30より開始です! #深夜の真剣文字書き60分一本勝負— フリーワンライ企画@次回9/13 (@freedom_…

survival

素足で外を出歩いて生きるひとになってみたい。木の下で眠る。人生の持ち物は少なく、また違う木の下で眠る。 一方で窓もないコンクリートの四角いラボの一室のなかで、生涯過ごすことにも憧れる。

あの子が笑うと、

あの子が笑うと、くにゃっという音がするような気がした。 実際には聞こえなくても。 笑顔がくにゃっとしていた。 それはあの子がちょっとよわいことを、示していた。 でも嫌いじゃなかった。 大事にしたかった、そう思っていた。 過去のことは過去に云わな…

その瞬間を乗り越えることで

時間が止まればいいのに。 誰にだって、そういう瞬間があるはずだ。 そしてそういう瞬間は、一生のうちに一度しか訪れないものだと思う。 忘れられないセックスだったり、受験の合格発表だったり、 子どもの出産だったり、皆既日食だったり、 友だちの死に目…



 web site