Komma usw.

背後にクロチネさんがいる。

book

『風の歌を聴け』と『夢の遠近法』

『風の歌を聴け』のDVDを借りたこともあって、電子書籍で『風の歌を聴け』を読んでいる。定期的に読み返したくなる一冊。初めて読んだのは中学2年生のときだった。音楽の授業中に譜面台の陰に隠して読んでいたのでよく憶えている。 『風の歌を聴け』の冒頭は…

森博嗣『私たちは生きているのか』

私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? Wシリーズ (講談社タイガ)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/02/21メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 読みました。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』

リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2016/09/02メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (4件) を見るリップヴァンウィンクルの花嫁 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2016/09/02メディア: DVDこ…

『太陽と月に背いて』

太陽と月に背いて [DVD]出版社/メーカー: 紀伊國屋書店発売日: 2007/01/27メディア: DVD購入: 5人 クリック: 115回この商品を含むブログ (26件) を見る 家人が友人から借りてきたのでお相伴に与って観ました。ランボーが、地獄の季節が、詩人が、と思って私…

0809 ナガサキ

1945年、長崎市への原爆投下により、人口推定24万人中うち役7万4000人の死亡。およそ三分の一だ。 考えてみる。私と、友人と、友人がここにいるとして、ひとりは死ぬ。ひとりは恐らく重症。私ももしかしたら怪我を負う。 一気にリアリティが押し寄せる。 3人…

『MORI Magazine』発売日

MORI Magazine作者: 森博嗣出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2017/07/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る『MORI Magazine』が新刊なのですが、発売日が日曜だと知っているまま油断をしていて、まだ入手していない模様……。小説シ…

漫画読書

東京ミカエル―Seventeen’s wars (上) (ニュータイプ100%コミックス)作者: 大塚英志,堤芳貞出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2000/09メディア: コミック クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る東京ミカエル―Seventeen’s wars (下) (ニュータイプ10…

画の本とか

コラージュの教室 -創造性を高める52のアートチャレンジ- (LAB series)作者: ビー・シェイ(Bee Shay),平谷早苗,株式会社Bスプラウト出版社/メーカー: ボーンデジタル発売日: 2013/06/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る コイデマワルさんのはてな…

『月光浴』感想(再掲)

尼崎文学だらけがあるので、再掲しておきます。 彩村菊乃さんの『月光浴』を先日読みました。 表紙がキラキラ金色に光ってとっても綺麗なんです!素敵! ひらのみやこさんの魅力的な画も収録された歌集です。 砂糖菓子降りつもるよにかなしみはあまくきよら…

『ともだちの国』『ウソツキムスメ』

電子書籍(Amazon・kindle)を発行したのでお知らせしておきます。 本当はこちらのブログに書くので良いことなのですが、自分の好きな本でもあるのでここにも記しておきます。 ともだちの国 (白昼社)作者: にゃんしー,深森亜未森発売日: 2017/06/21メディア:…

仙人掌とか胞子とか

シャボテン幻想 (ちくま学芸文庫)作者: 龍膽寺雄出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2016/12/07メディア: 文庫この商品を含むブログを見る胞子文学名作選作者: 田中美穂出版社/メーカー: 港の人発売日: 2013/09/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件)…

星の王子さま

星の王子さま (新潮文庫)作者: サン=テグジュペリ,Antoine de Saint‐Exup´ery,河野万里子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/03/01メディア: 文庫購入: 24人 クリック: 119回この商品を含むブログ (182件) を見る星を継ぐもの (創元SF文庫)作者: ジェイム…

夏至

夏至祭 (河出文庫)作者: 長野まゆみ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 1994/05/01メディア: 文庫 クリック: 6回この商品を含むブログ (3件) を見る夏至南風 (河出文庫)作者: 長野まゆみ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2015/02/13メディア: Kindle…

鶴田謙二先生祭

私が画を描く関係で、家に画集・イラスト集が多く届きました。鶴田謙二先生祭です。 ひたひた―鶴田謙二イラスト集作者: 鶴田謙二出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2002/04メディア: 大型本購入: 3人 クリック: 17回この商品を含むブログ (7件) を見るコメット…

今月と先月の詩歌系文芸誌

私が短歌研究と角川短歌を買い、他の本は家人が買いました。 ちなみに私はAmazonPrimeの会員なのですが、そろそろ1年間経って会費が落ちる頃だな、と思ってメールを読み直していると、家族2名までプライム会員と紐づけ出来ると書いてあったので、ひっくり…

film*4

イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社発売日: 2008/08/06メディア: Blu-ray購入: 5人 クリック: 406回この商品を含むブログ (47件) を見るユメノ銀河 [DVD]出版社/メーカー: ケイエス…

if もしも

福島と福岡を間違える友が高校時代には二人いた (馬場めぐみ「if」より(短歌研究2017年3月号) if ......だったら、「福島と福岡を間違える」友人が今も二人もいたんだろう、という、 短歌研究 2017年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 短歌研究社発売日: 2…

『短歌研究3月号』

短歌研究 2017年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 短歌研究社発売日: 2017/02/20メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る 馬場めぐみちゃんが掲載されていると知り購入。 私は以前同人短歌誌をお気軽に作り、彼女にゲストになって貰った際、その端正さに己…

『ウソツキムスメ』より試し読み♪(2)

試読記事続きです。「ナナンタさんの鈴の音」 ナナンタさんは、何歳なのだろうか。 わたしがお母さんの突っ掛けを履いた為に道で転んで、アスファルトの道路だったので擦り傷ができて酷く血が出たとき、ナナンタさんは小走りに駆け寄ってわたしを支え、自分…

『ウソツキムスメ』より試し読み♪(1)

文庫化にあたり加筆した新刊『ウソツキムスメ』より、部分引用を記載します。ご試読くださいませ。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 テーブルの近くに落ちている、つめたい日溜まり。 こころのなかで呟く。 (この家には微笑家がうようよしていやがる…

『ふたりのイーダ』『ぱらいそ』『COCOON』

ふたりのイーダ (講談社青い鳥文庫 6-6)作者: 松谷みよ子,司修出版社/メーカー: 講談社発売日: 1980/11/10メディア: 新書購入: 2人 クリック: 3回この商品を含むブログを見るぱらいそ作者: 今日マチ子出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2015/07/24メディア: …

アプリと欲しいものと筒井康隆

evernoteの仕組みが変わったタイミングで悲しみながら色々メモしていたので、ここにだらだら書いています。こういう文章ははてなダイアリのアカウントに書けば良いのだろうなあと思うのですが、こちらの方が使える部分もあるので……。 evernoteは端末2台まで…

森博嗣『χの悲劇』

χの悲劇 (講談社ノベルス)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/05/07メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見るχの悲劇 G (講談社ノベルス)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/05/27メディア: Kindle版この商品を含むブ…

Kindle(俳句2冊)

尼崎文学だらけ、ありがとうございました。 さて置き(<さて置いちゃうんだ!)その前の数日に読んでいた本。 Kindle書籍で購入して読みました。どちらも書林国栖さんから発行。 芝不器男選句集 (雲海選書)作者: 芝不器男出版社/メーカー: 書林国栖発売日: …

購入部メモ。

森博嗣先生の電子書籍は、iTunesStoreから買うと決めている。なんとなく。Macを使っていらっしゃった先生への、独り善がりなリスペクトで。 風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?森博嗣ミステリー/スリラー¥750 魔法の色を知っているか? What…

特殊切手「和の文様シリーズ 第1集」

www.post.japanpost.jp 和の文様と云えばこちらの本ですね。Adobe全般の巨匠、井上のきあさん。 Illustratorジャパンメソッド作者: 井上のきあ出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション発売日: 2015/11/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見る …

狐伏澤つたゐ『Last odyssey』

少年たちのなかには、世界が内包されている。 ──僕たちは(この書評については、私の一人称は「僕」になるのだ)この書籍を一読では理解出来ないだろう。理解、ではない。恐らくそれは「解析」だ。海は理解するものではない。解析するものだろうから。 僕は…

5月4日

寺山修司の命日。アリスの誕生日。大型連休の祝日。 アリスの誕生日と話題にするのは無粋でしょう。不思議の国のアリスは、なんでもない日のお茶会の世界なので、その話は要らないと決める。 寺山修司。 寺山修司という人となりが、人々が連休でうららかに晴…

「火は綺麗」小倉拓也

「火は綺麗」小倉拓也 生きることは加速すること 沢山の時間が私たちの背後に幽霊となり 地べたを這う背を脚を後押しをする その摩擦に焼かれて 私たちは火炎を上げながら 消し炭になる∗「そんなふうに生きなさい」と先生は言った その教訓さえ生まれた時か…

「火は綺麗」泉由良

「火は綺麗」泉由良 私は躰が昂ぶってゆくとき 透明になるような感じをおぼえます 躰の隅々まで興奮の潮が満ちるときに 自分の指先や蹠の皮が 無くなってゆくような心地がします 震える声音からも急速に色のうねりが引いてゆき 冷めない両手両足、腰、心肺、…



 web site